ホットペッパービューティーをよく使う年齢層は
2017.05.24

お洒落な2人ご自身のサロンをより多くのお客様に知ってもらうために、ホットペッパービューティーに掲載を検討しているオーナー様も多いでしょう。お金をかけて広告を打つのなら、なるべく費用対効果の高いものを望みたいものです。そして、その広告をよく利用している年齢層がどれくらいなのか把握できていれば、その層に向けてより効果的なアプローチができますよね。
ホットペッパービューティーはご存知のとおり、美容院だけでなく、ネイルやエステ、リラクゼーションサロン、まつげエクステなど、あらゆる美容サロン店を幅広く掲載しています。細かな条件やこだわりからの検索など高い検索機能で理想のサロンが見つかり、24時間予約ができるという便利性からも、美のサポートに欠かせない人気のツールです。それらのサービスを多く利用するのはやはり女性で、利用者の約9割を占めています。年代別だと、20代、30代という、美に対して敏感で、働く女性世代であり美容にかけられるお金も比較的多い年代が、全体の約7割を占めています。10代のティーン世代や40代以上の比較的高い年齢層の方にももちろん、ホットペッパービューティーは多く利用されており、年間の予約数約1200万件、という数字を見てもその人気の高さがうかがえます。
ご自身のサロンがターゲットとしている年齢層に向けてアピールしたいメニューやサービスを、効果的に伝えることが、予約を勝ち取るカギと言えそうです。例えば、2~30代の働く女性をターゲットとしたい場合は、仕事帰りを狙った夕方以降のお得なメニューをアピールしたり、主婦層を狙うのであれば、平日の昼間にお得なサービスをしていることが分かるような文言を目立たせると効果的ですよね。10代の女性がターゲットであれば気軽に利用できる学割などの特典を、シニア世代などには、高級感を感じさせるラグジュアリーなサロンの雰囲気などをアピールできれば、興味を持ってもらえ、初回来店につながるかもしれません。
幅広い年齢層の方に支持されている、ホットペッパービューティー。ご自身のサロンの特性をふまえた最適な集客アピールで、ターゲットとしたい年齢層のお客様に直接響く広告を打ちたいですよね。呼び込みたい年齢層にとってのメリットを強く感じてもらうことが、たくさんあるサロンの中から自身のサロンを選んで予約をしてもらう、最後の決め手となるでしょう。こだわりのメニューや自信のあるサービスを簡潔に伝えて、サロン探しをしているお客様の目にとめてもらいましょう。

▲ ページトップへ